長崎を訪れた会津の人々
  ~長崎会津関係史研究会のホームページ~

                            
  日下義雄らの尽力で建設された本河内高部ダムえん堤         日下義雄               五厘金之碑          
  (低部ダムと共に2017年に国の重要文化財に指定)  

●会津藩士・会津出身者

1.日下義雄 1851(嘉永4)-1923(大正12)

1-2. 長崎居留欧米人からの感謝状

2.北原雅長 1842(天保13)-1913(大正2)

3.西郷四郎 1867(慶応3)-1922(大正11)

3-2. 特派員西郷四郎の記事

4.山本覚馬 1828(文政11)-1892(明治25)

5.小松済治 1848(嘉永元年)-1893(明治26)

6.神保修理 1834(天保5)-1868(慶応4)

7.古川春英 1828(文政11)-1870(明治3)

8.小川 渉  1843(天保14)-1907(明治40)
 
9.秋月悌次郎 1824(文政7)-1900(明治33)

10.山川健次郎 1854(嘉永7年)-1931(昭和6)

11.出羽重遠 1856(安政2)-1930(昭和5)

12.酒井文吾 

13.柴五郎   1860(万延元)-1945.(昭和20)

14. 松平 留  1760(宝暦9)-1826(文政9)

15. 井深彦三郎 1866(慶応2)-1916(大正5)

16. 池上三郎 1855(安政2)-1914(大正3)

17. 神保巌之助  1852(嘉永5)-1925(大正14)

18. 高嶺秀四郎

19.小野木源次郎 1854(安政元)-1925(大正14)

20.池上四郎  1857(安政4)-1929(昭和4)

日下長崎県知事非職の真相


清国水兵暴動事件時の清国艦隊長崎入港日について


長崎の上水道布設に関する当時の新聞記事


「管理人より」アーカイブ 

  「管理人」よりアーカイブ目次



会津・白河旅行記



更新履歴



管理人の姉妹サイトへのリンク
  『長崎県にゆかりの韓国・朝鮮人』



白虎隊の会・支部だよりへリンク



管理人のプロフィール



 




  

                          

                         管理人より


  令和2年6月
  

                   会津人 只野藤五郎について


  只野藤五郎は、長崎で活躍した商工業者であり、会津出身者です。ただ、どんな事業を行っていたかは今のところ私には

 わかりません。

  長崎商法会議所が明治12年10月1日、現在の十八銀行所在地において創立されました。会頭に松田源五郎、副会頭に青

 木休七郎が就任しました。そして明治16年12月、長崎商法会議所の組織を変更して長崎商工会が桜町に設立されました。

  会頭には長崎商法会議所に引続き松田源五郎が就任しましたが、副会頭に就任したのが只野藤五郎です。副会頭に選

 任されるくらいだったので、只野藤五郎は長崎の財界でかなり有力な人物だったことが推測されます。
    
  明治19年10月1日に開催された長崎商工会の委員会において、会員の瓜生震は長崎区内の水道改良の計画を商工会

 に建議しました。その後、総会に掛けられて承認されたので、長崎商工会の副会頭 只野藤五郎の名で長崎県知事日下

 義雄あてに長崎水道会社設立の請願書が提出されています。

  このことが当時長崎で発行されていた鎮西日報に掲載されていますので、紹介します。


  【明治19年11月9日付け鎮西日報】

    ●水道会社設立請願書

     長崎商工会が会員瓜生震氏の建議により長崎水道会社設立を長崎県知事に請願すべきことに議決したる次第は、

    過日の紙上に掲げしが、その節副会頭只野氏の提出にて可決せし請願書案は左の如し。


                 水道会社設立請願書

    謹んで請願す。這般(しゃはん)本会会員瓜生震より本区に水道会社設立に係る建議を呈出せしにより、本会は本月

  一日これを臨時委員会に附せしに、その事業の盛かつ大なるをもって到底総会の審議に附すべきものと査定せしをもっ

   て、爾後総会開会の準備をなし、同月二十五日臨時総会を開きしに、本会に於てはつらつら考えるに、本区昨夏及び当

   夏二度の悪疫流行し、その勢い頗る猖獗(しょうけつ)にして悲愁惨怛(さんだつ)の態を現出せしも、その筋において検疫

   その当を得ると、莫大の官民費とをもってこれが防御とこれが消滅とに汲々(きゅうきゅう)せられたるをもって、目下よう

   やく愁眉を開くの秋に達せりといえども、伏してこれは斯くこの年悪疫流行に際しそれがため当港に被る損害は、実に数

   十百万円に達すべし。 社会の不幸これより大なるはなし。かつこの年悪疫発生の原因は種々これありといえども、飲料

   水の不潔に因するをもって最も多しとするの説は、 当時精覈(せいかく)なる調査上の与論たるは断乎として疑うべき

   に非ず。しかるに当区の倉田水及び井水たる試験上、上等に属するもの十中一、二に過ぎず、その他は下等あるいは

   下等にして下等、最も多きに居る悪疫の流行する亦宜なるかな。 故に本会は、該建議をもって目下必須の事業なりと満

   場の賛成をもって、ここに本請願書を呈出するの評決を得たり然り。(以下は省略します。)           
    

            長崎商工会会頭代理

                    副会頭  只野藤五郎

             月 日

                    長崎県知事  日下義雄 殿
         



 【明治19年11月12日付け鎮西日報】

   ●水道会社設立請願の副伸

      この程商工会副会頭只野藤五郎氏より金井区長へ提出されし長崎水道会社設立請願書は、昨日副伸書とも日下

    知事へ進達されたるよし。



 明治22年4月1日に市制が施行された際、長崎市の執行機関である長崎市参事会の会員に只野藤五郎が選任されました。

 就任したのは明治22年6月から明治23年6月までの1年間でした。当時の市政は、執行機関である市参事会と決議機関

 である市会をもってスタートしました。市参事会は、市長、助役、名誉職参事会員(6人)で構成され、名誉職参事会員は
   
 市会議員または市民の中から市会において選挙されました。任期は4年で、2年ごとに半数が改選されました。只野藤五郎

 は任期途中で辞職しています。


  只野藤五郎がいつ長崎にやって来て、いつまで長崎にいたのか、どんな事業をしていたのか、いつどこで亡くなったのかに

 ついては、今後研究していきたいと思います。只野藤五郎が会津出身ということがわかる資料として、次の鎮西日報記事を

 最後に掲載しておきます。


 【明治22年6月15日付け鎮西日報】

   ●長崎に人物なきか   
 
       長崎人士は従来他方人士のために押し倒さるの勢いありとは土着の人々が常に慨嘆する所にて、最初玉園会
   
       発起の旨趣もここにありとか聞き及べるが、今度市制実施に付き選挙されたる重立ちし役員の多く他方人士なるぞ
   
      不思議なれ。すなわち左にその原籍を掲ぐれば、
   
        市長北原雅長(会津人)、助役和田要四郎(島原人)、参事会員毛利康之(長崎人)、同松本孝平(長崎人)、
   
        同森敬之(元島原人)、同只野藤五郎(元会津人)、同林耕作(長州人)、同若杉峰之助(長崎人)、
   
        市会議長家永芳彦(元佐賀人)、同代理者高橋保馬(島原人)
   
       之について見るときは市長、助役、市会議長、同代理者なる重役はことごとく他方人士のために占められ、
   
       唯市参事会員の半数だけが長崎人士の手に残りたる姿あり。(以下省略します。)



    参考文献

        『長崎市史年表』  昭和56年3月20日  長崎市役所発行 

         長崎商工会議所ホームページ  『長崎商工会議所の変遷』
    


更新情報

28.令和2年 5月31日  「池上四郎」の項をアップしました。 

27.令和元年12月30日 「長崎の上水道布設に関する当時の新聞記事」をアップしました。

26.平成31年 3月2日  「小野木源次郎」の項をアップしました。

25.平成31年 2月16日  「高嶺秀四郎」の項をアップしました。

24.平成30年10月 8日  「神保巌之助」の項に神保巌之助の名が登場する
              当時の鎮西日報の記事を掲載しました。

23.平成30年 9月22日  「神保巌之助」の項をアップしました。

22.平成30年 9月22日  「池上三郎」の項をアップしました。

21.平成29年 7月 2日  「管理人より」アーカイブスの目次を作成しました。




            
   
 ご意見等ありましたらここをクリックしてください。