長崎を訪れた会津の人々
  ~長崎会津関係史研究会のホームページ~

                            
  日下義雄らの尽力で建設された本河内高部ダムえん堤         日下義雄               五厘金之碑          
  (低部ダムと共に2017年に国の重要文化財に指定)  

●会津藩士・会津出身者

1.日下義雄 1851(嘉永4)-1923(大正12)

1-2. 長崎居留欧米人からの感謝状

2.北原雅長 1842(天保13)-1913(大正2)

3.西郷四郎 1867(慶応3)-1922(大正11)

3-2. 特派員西郷四郎の記事

4.山本覚馬 1828(文政11)-1892(明治25)

5.小松済治 1848(嘉永元年)-1893(明治26)

6.神保修理 1834(天保5)-1868(慶応4)

7.古川春英 1828(文政11)-1870(明治3)

8.小川 渉  1843(天保14)-1907(明治40)
 
9.秋月悌次郎 1824(文政7)-1900(明治33)

10.山川健次郎 1854(嘉永7年)-1931(昭和6)

11.出羽重遠 1856(安政2)-1930(昭和5)

12.酒井文吾 

13.柴五郎   1860(万延元)-1945.(昭和20)

14. 松平 留  1760(宝暦9)-1826(文政9)

15. 井深彦三郎 1866(慶応2)-1916(大正5)

16. 池上三郎 1855(安政2)-1914(大正3)

17. 神保巌之助  1852(嘉永5)-1925(大正14)

18. 高嶺秀四郎

19.小野木源次郎 1854(安政元)-1925(大正14)

20.池上四郎  1857(安政4)-1929(昭和4)

日下長崎県知事非職の真相


清国水兵暴動事件時の清国艦隊長崎入港日について


長崎の上水道布設に関する当時の新聞記事


「管理人より」アーカイブ 

  「管理人」よりアーカイブ目次



会津・白河旅行記



更新履歴



管理人の姉妹サイトへのリンク
  『長崎県にゆかりの韓国・朝鮮人』



白虎隊の会・支部だよりへリンク



管理人のプロフィール



 




  

                          

                         管理人より


  令和2年12月
  

                     長崎監獄と池上四郎


   秋篠宮妃紀子さまの曽祖父に当たられる池上四郎は、明治20年10月31日付で京都府警部兼下京警察署長から長

  崎県監獄課長兼長崎県典獄に任ぜられました。典獄とは今でいう刑務所長です。当時、長崎県庁の監獄課と長崎監獄

  は長崎区の新大工町にありました。下の写真が長崎監獄の写真です。撮影者は坂本龍馬の写真を撮ったこともある上野

  彦馬です。


            


  『長崎市史年表』(昭和56年 長崎市役所発行)の明治14年(1881)9月の項に、「桜町の監獄が狭くなったため、片淵

  郷の乃武館(だいぶかん)跡に監獄を新築して未決監を収容する(翌年桜町の監獄をここに移す)」と記載されています。 

  乃武館は、上記年表によると、慶応3年(1867)8月21日に長崎奉行が市中警備のため総員359人から成る遊撃隊を

  組織して長崎奉行直属の親衛隊とし、海援隊に対抗したそうです。その屯所(詰所)が乃武館と呼ばれる建物でした。
  
   翌慶応4年閏4月19日、九州鎮撫使の沢宣嘉は遊撃隊を振遠隊と改称し、軍事と警察を兼任させました。


  上記の写真は、『写真集 明治大正昭和 長崎』(国書刊行会 昭和54年発行)に掲載されているものですが、「片淵官軍

  病院」として紹介されています。そして、「明治10年西南の役の時、長崎には官軍の本部がおかれていたので、戦傷者を

 収容する病院が現在の片淵町につくられた。」と記載されています。この写真は、国立公文書館が『長崎師団仮病院写真』

  として紹介しているものと同じであり、国立公文書館の記述を踏襲して、「片淵官軍病院」と紹介されたものと思われます。   

  しかし、『長崎市史年表』では、官軍病院は、片淵郷の畑地に建てたと記載されています。次のとおりです。  

   「1877(明治10)  

     3.29  第1分遣長崎軍団病院を大音寺に置く。(以後、市内の18寺院、83戸の民家に軍団病院病舎が置かれ
           た。)    

         ※ 西郷軍との戦いで、官軍にも多くの傷病者が出たが、その収容も長崎が引き受けた。激戦当時、長崎 
            に送られてくる傷病者は日に数百人、病舎に収容しきれず、片淵郷の畑地に掛小屋を建てて仮病舎
            に当てたほどで、患者を運ぶ担架も足りず、モッコで運ぶ騒ぎだった。 」  

  
  「掛小屋」とは臨時にこしらえた興業用などの小屋を言うそうですが、上記の写真が果たして「小屋」に見えるでしょうか。
    
  私にはしっかりと建設された建物のように見えます。屋根は瓦葺きのようにも見えなくもないですね。 
    
  高橋信一元慶應義塾大學准教授は、著書『古写真研究こぼれ話 二』の中で、写真に写る片淵の大きな施設を「軍団仮

 病院と」と説明されているが、昭和15年に完成した長崎監獄の間違いであり、明治25年以前に上野彦馬が撮影した写真

 であると述べておられます。

  会津出身の池上四郎は、明治20年11月から23年2月まで長崎監獄の典獄兼長崎県監獄課長として勤務しました。

  長崎県庁の監獄課は長崎監獄のあった新大工町内にあったので、長崎監獄の敷地内の建物のうちの一つにあったと思

  われます。明治22年5月末現在の長崎県内各監獄の在監人数は合計881人(鎮西日報明治22年6月12日記事)で、池

  上四郎が勤務していた長崎監獄には、542人が入監されていました(鎮西日報明治22年10月3日記事)。

  長崎監獄は長崎県内で最大の監獄でした。明治41月4月、長崎監獄は諫早に移転し、国内五大監獄の一つとして開設

 され、大正11年10月長崎刑務所に改称されました。 明治32年に監獄の管轄が内務省から司法省へ移管したことに

 より、監獄の運営は長崎県から国へと移管しました。





 更新情報

28.令和2年 5月31日  「池上四郎」の項をアップしました。 

27.令和元年12月30日 「長崎の上水道布設に関する当時の新聞記事」をアップしました。

26.平成31年 3月2日  「小野木源次郎」の項をアップしました。

25.平成31年 2月16日  「高嶺秀四郎」の項をアップしました。

24.平成30年10月 8日  「神保巌之助」の項に神保巌之助の名が登場する
              当時の鎮西日報の記事を掲載しました。

23.平成30年 9月22日  「神保巌之助」の項をアップしました。

22.平成30年 9月22日  「池上三郎」の項をアップしました。

21.平成29年 7月 2日  「管理人より」アーカイブスの目次を作成しました。




            
   
 ご意見等ありましたらここをクリックしてください。