長崎を訪れた会津の人々
  ~長崎会津関係史研究会のホームページ~

                            
  日下義雄らの尽力で建設された本河内高部ダムえん堤         日下義雄               五厘金之碑          
  (低部ダムと共に2017年に国の重要文化財に指定)  

●会津藩士・会津出身者

1.日下義雄 1851(嘉永4)-1923(大正12)

1-2. 長崎居留欧米人からの感謝状

2.北原雅長 1842(天保13)-1913(大正2)

3.西郷四郎 1867(慶応3)-1922(大正11)

3-2. 特派員西郷四郎の記事

4.山本覚馬 1828(文政11)-1892(明治25)

5.小松済治 1848(嘉永元年)-1893(明治26)

6.神保修理 1834(天保5)-1868(慶応4)

7.古川春英 1828(文政11)-1870(明治3)

8.小川 渉  1843(天保14)-1907(明治40)
 
9.秋月悌次郎 1824(文政7)-1900(明治33)

10.山川健次郎 1854(嘉永7年)-1931(昭和6)

11.出羽重遠 1856(安政2)-1930(昭和5)

12.酒井文吾 

13.柴五郎   1860(万延元)-1945.(昭和20)

14. 松平 留  1760(宝暦9)-1826(文政9)

15. 井深彦三郎 1866(慶応2)-1916(大正5)

16. 池上三郎 1855(安政2)-1914(大正3)

17. 神保巌之助  1852(嘉永5)-1925(大正14)

18. 高嶺秀四郎

19.小野木源次郎 1854(安政元)-1925(大正14)

20.池上四郎  1857(安政4)-1929(昭和4)

日下長崎県知事非職の真相


清国水兵暴動事件時の清国艦隊長崎入港日について


長崎の上水道布設に関する当時の新聞記事


「管理人より」アーカイブ 1 

  「管理人」よりアーカイブ 1目次

  ※平成25年12月~令和2年12月分収録

「管理人より」アーカイブ 2

  「管理人より」アーカイブ 2目次

  ※令和3年1月~


会津・白河旅行記



更新履歴



管理人の姉妹サイトへのリンク
  『長崎県にゆかりの韓国・朝鮮人』



白虎隊の会・支部だよりへリンク



管理人のプロフィール



 




  

                          

                         管理人より


                   長崎会津会で講演会を開催


   今年令和4年3月21日、長崎会津会顧問の木下健東京大学名誉教授が吉武廣司同会副会長の別邸において、
 
 「技術そのものの特性 閉鎖的な保守性」と題して約1時間講演をされました。会員10名が出席しました。    
   
   木下健(たけし)先生は、東京帝国大学や九州帝国大学などで総長を務めた会津藩出身の山川健次郎のひ孫に

  当たられる方です。 
    
  船舶工学や海洋工学がご専門で、東大教授を退官された後、長崎市にある長崎総合科学大学の学長を2期務められ、
 
  現在はNPO法人長崎海洋産業クラスター形成推進協議会の副理事長などに就任されています。長崎県の発展に

  とって、とても頼もしい人材です。

   その木下先生が7年間に亘る長崎滞在を終えられ、近々長崎を離れられることとなり、記念の講演会をしていた 

  だいた次第です。その内容を以下に簡単にご紹介いたします。     

   講演の項目は次の5つです。         

      1.なぜ江戸時代初期の洋式造船術は継承されなかったのか?

      2.日本近代科学の誕生

     3.健次郎の実学、合理主義

     4.明治・大正期の国際性と多様性

     5.健次郎三原則


   1については、徳川幕府の切支丹禁教令や鎖国政策が原因の一つであり、これは外航船が不必要になったことと、

  建造禁止令が出されたことも考えられるそうです。また、洋式造船技術を受け入れる素地、つまり関心がなかった 

  こと、そして技術を受け入れる側にその必要性とともに、重要性を客観的に認識できなかったことも原因だそうです。 

   また、技術そのものに特性があり、自然的・科学的側面や、社会的・人間的側面があり、技術のもつ閉鎖的な保守性、 

  すなわち、容易な継承、移転、伝搬を許さないという特性があります。

   結論として、技術を継承するには、「物事の本質や優劣を普遍的に追及する近代科学が不可欠!」であると述べられ

  ました。

   2については、日本近代科学の誕生は、オランダ通詞の貢献が大きいとし、長崎の2人の蘭学者、西川如見と志筑忠雄 

   を紹介されました。また勝海舟や榎本武揚らが学んだ長崎海軍伝習所の話もしていただきました。 

   3の説明の中には山川健次郎の年譜や山川家の系譜があり、山川健次郎の娘照子が東龍太郎(東京都知事)に嫁ぎ、

   その子供の敦子が木下昌雄(日立造船社長)に嫁いで生まれた子が木下健氏だそうです。
   
   なお、山川健次郎は2男5女の7人兄弟姉妹の5番目に生まれており、長男の山川大蔵(浩)は陸軍少将、東京高等
   
  師範学校長となり、末っ子の5女の咲子(捨松)は大山巌(陸軍大将・元帥)と結婚しました。3女で健次郎の姉の操と

  結婚した元会津藩士の小出鉄之助という人は、明治7年の佐賀の乱で戦死しています。          

   山川健次郎は、国家にとっては学問が大切で、学問にとっては自由が大切であると説き、国家主義の人でしたが、軍部
 
  の「国家主義」とは別物だそうです。また大内兵衛というマルクス経済学者は、山川健次郎を帝国主義者と言っています

  が、尚武や防衛を説いても、侵略を奨めたことはなかったそうです。


   4においては、「私」を棄てられない人たちによる藩閥政治の弊害が現在まで続いているとし、利己的な覇権主義、暴力

  主義の脅威に日本を含む世界はさらされており、至誠、「私」を捨て「公」のために尽くす心に帰る時期に来ていると強く

  感じると述べられました。 

  5の健次郎三原則とは、1. Identity(アイデンティティ) 2. Gemeinschafts(ゲマインシャフト) 3. Diversity(ダイバー
    
  シティ)をいい、1のアイデンティティとは、自分はいったい何者なのかを認識することであり、家族愛、郷土愛、地域愛、

  国家愛につながるものであり、2のゲマインシャフトとは、共同体、同志愛を意味し、友の憂いに我は泣き、我が喜びに

  友は舞うものであるとし、3のダイバーシティとは多様性を意味し、人の話をよく聞き、謙虚になる必要があるそうです。   

   私が、東大名誉教授の木下先生に、学問をするうえで必要なものが3つあるとしたら、それは何でしょうかとお尋ねした

  ら、それこそ山川健次郎の3原則であると述べられました。

   最後に木下先生がおっしゃるには、日本は技術が立ち遅れており、時代のミッション(使命、任務)に遅れないようにしな

  ければならないと説かれ、そのためにはいろいろな好奇心で考えることが必要だと述べられました。

   たいへんありがたいお話しをしていただき、木下先生には厚く御礼申し上げます。今後とも長崎会津会顧問として、また

  長崎海洋産業の発展にご協力いただきますようお願いいたします。





             



  


 更新情報

28.令和2年 5月31日  「池上四郎」の項をアップしました。 

27.令和元年12月30日 「長崎の上水道布設に関する当時の新聞記事」をアップしました。

26.平成31年 3月2日  「小野木源次郎」の項をアップしました。

25.平成31年 2月16日  「高嶺秀四郎」の項をアップしました。

24.平成30年10月 8日  「神保巌之助」の項に神保巌之助の名が登場する
              当時の鎮西日報の記事を掲載しました。

23.平成30年 9月22日  「神保巌之助」の項をアップしました。

22.平成30年 9月22日  「池上三郎」の項をアップしました。

21.平成29年 7月 2日  「管理人より」アーカイブスの目次を作成しました。




            
   
 ご意見等ありましたらここをクリックしてください。