長崎を訪れた会津の人々
  ~長崎会津関係史研究会のホームページ~

                            
  日下義雄らの尽力で建設された本河内高部ダムえん堤         日下義雄               五厘金之碑          
  (低部ダムと共に2017年に国の重要文化財に指定)  

●会津藩士・会津出身者

1.日下義雄 1851(嘉永4)-1923(大正12)

1-2. 長崎居留欧米人からの感謝状

2.北原雅長 1842(天保13)-1913(大正2)

3.西郷四郎 1867(慶応3)-1922(大正11)

3-2. 特派員西郷四郎の記事

4.山本覚馬 1828(文政11)-1892(明治25)

5.小松済治 1848(嘉永元年)-1893(明治26)

6.神保修理 1834(天保5)-1868(慶応4)

7.古川春英 1828(文政11)-1870(明治3)

8.小川 渉  1843(天保14)-1907(明治40)
 
9.秋月悌次郎 1824(文政7)-1900(明治33)

10.山川健次郎 1854(嘉永7年)-1931(昭和6)

11.出羽重遠 1856(安政2)-1930(昭和5)

12.酒井文吾 

13.柴五郎   1860(万延元)-1945.(昭和20)

14. 松平 留  1760(宝暦9)-1826(文政9)

15. 井深彦三郎 1866(慶応2)-1916(大正5)

16. 池上三郎 1855(安政2)-1914(大正3)

17. 神保巌之助  1852(嘉永5)-1925(大正14)

18. 高嶺秀四郎

19.小野木源次郎 1854(安政元)-1925(大正14)

日下長崎県知事非職の真相


清国水兵暴動事件時の清国艦隊長崎入港日について


長崎の上水道布設に関する当時の新聞記事


「管理人より」アーカイブ 

  「管理人」よりアーカイブ目次



会津・白河旅行記



更新履歴



管理人の姉妹サイトへのリンク
  『長崎県にゆかりの韓国・朝鮮人』



白虎隊の会・支部だよりへリンク



管理人のプロフィール



 




  

                          

                         管理人より


  令和2年2月       
       
          
      長崎水道事務規程と工事の一時中断について


  長崎の水道の歴史について、これまで何度かこの欄で紹介して来ましたが、今回も当時の資料を追加して長崎の水道の

 歴史に触れてみたいと思います。


  明治22年(1889)1月22日に臨時長崎区会が開かれて区立水道布設案が可決され、1月25日に金井俊行区長が水道

 布設工事を長崎県に委託し、県は4月22日に工事を開始しました。 県は翌月に水道事務規程を設けています。鎮西日報

 に次のとおり内容が記載されています。


   【明治22年5月18日付け鎮西日報】

    ●長崎水道事務規程

      一昨十六日長崎県庁にて庁中一般に達したる長崎水道事務規程は左の如しと。


    第一条 県庁内に長崎水道事務所を置き、長崎水道布設に関する一切の事務を取扱わしむ。

    第二条 長崎水道事務所に左の役員を置く。

             管理、工師長、事務長、工事担任、事務担任

    第三条 管理は知事の指揮を受け、長崎水道布設に関する一切の事務を管理す。

    第四条 工師長は知事、管理の指揮を受け、長崎水道に関する一切の工事を計画施行し、及び工事の監督に任ず。

    第五条 事務長は管理の指揮を受け、長崎水道布設に関する事務を整理す。

    第六条 工事担任は工師長の指揮を受け、各部の工事を分担す。

    第七条 事務担任は事務長の指揮を受け、長崎水道布設に関する事務を分担す。
 
    第八条 長崎水道事務所には第二条の他雇員を置き、工事及び工事に課する事務を補助せしむることあるべし。

     第九情 長崎水道事務所に置いて取扱ふ所の文書は、知事及び県名を以て発布するものを除くの外、管理に於て

        別段の手続きを設け、之を処理するを得べし。
   


    このように、水道事務規程を設けて工事が始められたのですが、間もなく工事は中断されてしまいました。

   その理由は、明治22年3月31日をもって長崎区が廃止され、4月1日に長崎市がスタートしたことにあります。

    地方自治が区制から市制に移行したことにより、議会も区会から市議会へと変わりました。市議会議員選挙が実施

  されて議員の入れ替わりもありました。これにより、水道工事という重大な案件は市議会で工事を続行するかどうか     

  議論を尽くす必要があると判断されたために、水道工事は一時中断されてしまいました。また、工事を急ぐのは穏当では

  ないとして、中止するよう政府から内々に訓示があったようです。このことが次のとおり、当時の鎮西日報に記載されて

  います。


  【明治22年8月16日付け鎮西日報】

   ●水道の授受

      本日午前九時より左の議案について市会を開かる。

  
         旧長崎区水道工事引継に係る諮問


     旧長崎区に於て設計の水道工事に関する事件は、さきに区会に於て議決の末実地に着手、既に鉄管の義も
    
    注文済みて着々計画の後、多数人民のなお之を非とするものありて、一時事業遅緩に属しおりしに、引続き
    
    市政の施行に際し事務引継のときに臨めり。故に元区長に於て目下差支えなき分は工事見合わせ置きし趣を
    
    以て、今般右関係の書類ことごとく皆市参事会に引継ぎたり。本会に於ては素より重大の事件と認めるに依り、
    
    しばらく書類を預り置き、その授受の当否を市会の意見に付し、以てその針路に頼らんと欲す。


   ●中止の理由

      これまで水道工事を中止しおりし理由は右の議案中に躍々たり。即ち、市制の施行に際したる故に、中止

     したるものなり。さすれば政府に於て長崎区役所の事務引継のときに臨み、やはりドンドンと工事を急ぐは

     穏当ならずとて中止を内訓したりというが実正なりしことと知らる。 
   



   当日の議会の様子が 『長崎市会傍聴略記』と題して翌日の鎮西日報に掲載され、「傍聴人は議場の内外に充満せり」

  と記載されています。市民の関心がいかに高かったかわかります。

   一時中断されていた水道工事は、明治22年11月9日の長崎市会でようやく水道工事継続議案が可決されました。
   
  これにより、明治24年3月に本河内高部ダムが完成しました。




   
 更新情報

27.令和元年12月30日 「長崎の上水道布設に関する当時の新聞記事」をアップしました。

26.平成31年 3月2日  「小野木源次郎」の項をアップしました。

25.平成31年 2月16日  「高嶺秀四郎」の項をアップしました。

24.平成30年10月 8日  「神保巌之助」の項に神保巌之助の名が登場する
              当時の鎮西日報の記事を掲載しました。

23.平成30年 9月22日  「神保巌之助」の項をアップしました。

22.平成30年 9月22日  「池上三郎」の項をアップしました。

21.平成29年 7月 2日  「管理人より」アーカイブスの目次を作成しました。

20.平成29年 4月 7日  「井深彦三郎」の項をアップしました。

19.平成29年 4月 2日  「松平 留」の項をアップしました。

18.平成28年 7月 3日  「柴五郎」の項をアップしました。

17.平成28年 3月 5日   白虎隊の会・支部だよりへリンクしました。

16.平成27年11月 3日  「長崎居留欧米人からの感謝状」をアップしました。

15.平成27年 9月25日  「特派員西郷四郎の記事」をアップしました。

14.平成27年 9月12日   管理人のプロフィールをアップしました。

13.平成26年10月13日  「会津・白河旅行記」をアップしました。

12.平成25年10月 5日   過去の「管理人より」を「管理人より」 アーカイブスに
              改めました。

11.平成25年 9月 1日   過去の「管理人より」をアップしました。



            
    ご意見等ありましたらここをクリックしてください。